賃貸住宅の敷金と礼金

賃貸住宅を探す時は不動産に依頼して探してもらうと良いでしょう。不動産は利用者が希望する条件に近い家をまとめて紹介してくれます。賃貸住宅の契約時に気を付けておきたいのが敷金と礼金です。敷金は契約時に支払うお金のことで、家賃の1~3ヶ月分の金額が相場になっています。敷金は退去時の修繕費として使われたり、家賃滞納時の保険として賄われたりします。修繕する場所も少なく、家賃滞納もしていないなら使われなかった敷金は退去時に返金されます。礼金は賃貸住宅のオーナーに支払うお金のことです。相場は家賃の1~2ヶ月分くらいで、敷金と違って返金されることはありません。礼金は契約金や不動産の仲介手数料という扱いです。

マンションとアパートについて知ろう

賃貸住宅は主にマンションとアパートの2つが主流です。マンションの特徴は耐震強度などの防災面で優れていること、防犯カメラやオートロックなどのセキュリティー面で優れていることが挙げられます。安心して住めるという点でマンションは魅力的ですが、防災やセキュリティーを維持する為に家賃が高くなります。アパートの特徴は家賃の安さと外出しやすいことが挙げられます。アパートは防災やセキュリティーにお金を掛けていないので、その分マンションよりも家賃が安いです。また、アパートの多くは2階建てで駐車場も近くにあるので外出しやすいです。マンションは土地が広く高層化が進んでいます。外出時はエレベーターや階段で昇降して、広い駐車場を歩く必要があります。どちらが良いか考えると、若い家族が住むならマンション、お年寄りが住むならアパートが良いと考えられます。

育児を重視して登別の賃貸物件を探す場合には、周辺環境にもこだわることが重要です。近隣に公園や保育園があるエリアの物件は、乳幼児がいる世帯にも適しています。